profile

セラピスト YUKIE

ライトワーカー、スピリチュアルティーチャー

カリスマシャーマン

精神科医(精神保健指定医)


みなさまはじまして!

セラピストのYUKIEと申します。


私は幼少期より敏感で繊細なゆえに数々の心と体の病気を体験しました。

パニック障害で登校や外出が一切できなくなり絶望しましたが、

大学病院の心療内科に通院して何とか回復しました。

「今度は自分が医師になって患者さんを支えたい」と思い、大学は医学部に進学しました。


大学卒業後、医師として内科や精神科に勤務するも自分の理想と現実のギャップに悩み、

また常に生死に関わる激務に疲労困憊して体調を崩し、

生きている意味が分からなくなり絶望で精神状態が悪化しました。


ちょうどその頃、あるヒーラーさんが主催するアセンショングループに入り、

セッションを受けるうちに自分がライトワーカーであることに気づき、

仲間とともに覚醒を目指すようになりました。

同時期に現代医療の限界に悩み、医療現場から離れて企業の産業医や健診医として働きました。


35歳で乳がんとなり、当初は自然療法やヒーリングのみで治療するも病状が悪化し、

死の恐怖と直面する事態となりました。

しかし病院での治療で病状が奇跡的に回復し、現代医療の恩恵に感謝しました。


また当時の主治医の真摯な仕事ぶりに感銘を受け、

自分の本音(病院で患者さんの治療に関わりたい)に気づき、精神科医療の現場に戻りました。


その頃に所属していたアセンショングループと次第に合わなくなり、

他のセラピーをもとめてグループを離れました。


しかしどこに行ってもスピリチュアル業界の闇ばかり見ることになり、

10年以上関わったスピリチュアル業界を完全に離れました。

そして、しばらくは精神分析や心理療法などの勉強を深めていました。


その後霊障が悪化し、病院勤務の疲労もあって乳がんが再々発しました。

抗がん剤治療の後遺症で体力が低下し、霊障による精神不安定にも悩みました。

目の前が真っ暗となり、自分の方向性も見えなくなり、絶望にて人生を終わらせたい衝動に悩む毎日を送りました。

(今思えば、スピリチュアルエマージェンシー状態でした)


そんな中、リーブスインステイチュート・トレーナーのAya氏のセッションを受け、

自分が求めていた「多次元、多側面からの癒し」を本当に提供できるメソッドがあることに驚き、

Aya氏のライトワーカー育成プログラム等を受講しました。


その後も、他ののトレーナー様から数々のエネルギーワークやセッションを受け、

その効果に驚くとともに、素晴らしいエネルギーワークの数々をみなさまに届けたいと強く思うようになり、

病院に勤務するかたわら2018年にヒーリングオフィス リンデンバウムを開業しました。


現在も、リーブスインスティチュートのトレーナーの皆様にご指導を受けながら

エネルギーワークや講習を提供中です。


★★リーブスインスティチュートの保有資格★★

カリスマシャーマン

光の戦士

太陽神官ライトワーカー

天文道の陰陽師

箱庭療法士養成講座修了

スーパーバイザートレーニング修了  など

セラピストの思い

オフィス名のリンデンバウムは、シューベルトの歌曲「菩提樹(リンデンバウム)」からつけました。


主人公の青年はいつも菩提樹の木陰で過ごし、嬉しい時も悲しい時も菩提樹はそっと寄り添っていました。

失恋で絶望して街を離れようとする青年に菩提樹は「こっちに来なさい、ここにあなたの安らぎがあります」と呼びかけますが青年は無視して行ってしまいます。しかしその後街を離れて歩き続けていても、あの菩提樹のささやきがずっと聞こえるのでした。


いつも変わらず道しるべのようにそこにあり、木陰で旅人を休ませてくれる菩提樹。

みなさまが辛い時、疲れてしまった時、道を見失った時、ほっと一息つける場所を私も提供したい・・・

そんな願いをこめて、屋号をヒーリングオフィス リンデンバウムといたしました。


「まずは話を聞いてほしい」「愚痴を話して発散したい」というご要望や、チャネリングを使ったカウンセリング、

心身の不調への深いエネルギーワーク、ライトワーカーやスターピープル向けの本格的なエネルギー調整など、

幅広く承ります。またシャーマンとして霊障や家系の問題などにも対応しています。

お気軽にお問い合わせくださいませ。


また、YUKIEは定期的に複数の指導者よりスーパーヴィジョンを受けており、

常に自分自身のエネルギーを最善に整えてスキル向上に努めております。

どうぞ安心してセッションをお受けくださいませ。